シルデナフィルの副作用を知ろう

シルデナフィルの副作用を知ることで、身体の体調などが分かります。今回は副作用について学びましょう。

シルデナフィルを含む錠剤のイメージ

シルデナフィルでだるいと感じるのは異常なの?

シルデナフィルはファイザー社が製造販売するED治療薬で、日本国内ではバイアグラという名前でも知られています。
この薬はED治療という用途において非常に良い働きを示してくれることで知られているのですが、その代償として副作用も存在しています。
特に併用禁忌とされるような医薬品との併用は重大な副作用のリスクを招くということが有名ですが、そうした併用禁忌を守ったうえでも副作用は起きるものです。
だるくてぐったりしている人ではシルデナフィルを服用した後でだるいと感じるようになったという場合はどうかというと、これはそこまで心配する必要はありません。
倦怠感や疲労感といったような副作用はどちらかというとタダラフィル製剤と呼ばれるタイプのED治療薬で多く報告されているのですが、シルデナフィルを服用した人の中には倦怠感や疲労感を副作用として訴える人もいます。
ただこれは血管拡張作用によって身体の血圧が変化し、それによって一時的に体のバランスが崩れて発生するというのがほとんどです。
そのためシルデナフィルの効果が切れた後には自然とだるさも収まってきます。
もしだるさが収まらないというのであれば病院に行くべきですが、そうではなく服用後しばらくすれば収まるのであれば、そこまでの心配はいらないでしょう。
ただ、毎回服用した後になるとだるいと感じるのであれば、それはシルデナフィルが強すぎる恐れがあります。
重篤な副作用が出ていないのであればまだ良いのですが、そのまま服用を続けるとさらに強い副作用が出る恐れもありますから、有効成分の含有量が少ないものに切り替えるか、ピルカッターで半分に割って服用するというように工夫した方が良いでしょう。
もし副作用に不安を感じるようであれば、専門医を受診して話を聞いてもらうようにしてください。