シルデナフィルの副作用を知ろう

シルデナフィルの副作用を知ることで、身体の体調などが分かります。今回は副作用について学びましょう。

シルデナフィルを含む錠剤のイメージ

副作用がひどい場合は直ぐに病院

薬が認可されて使えるようになる前に、動物実験や治験がおこなわれて、その薬の効き目と同時に副作用についてもしっかりと調査されています。
しかし、私たち一人一人の体には個人差があって、同じ薬でも良く効く人とほとんど効かない人がいます。
同じ量のビールを飲んで、ひどく酔っ払って別人のようになってしまう人がいれば、文字通り顔色ひとつ変わらない人もいるのと同じことです。
薬の効き目は主作用と言いますが、狙っていない効き目である副作用にも個人差があります。
よく知られた副作用の一つは眠気です。
眠気自体は危険なものではありませんが、自動車の運転や機械類の操作中に眠気に襲われると非常に危険なことがあります。
そのほかの副作用としては、咳や湿疹、下痢や便秘などもあります。
薬を飲んで数分後に湿疹が現れることもあれば、数日後に湿疹に悩まされるケースもあります。
そうした副作用の中でも危険なものにアナフィラキシーがあります。
薬に対するアレルギー反応で、湿疹やかゆみといった形で現れることもあります。
特に息苦しさを伴うような場合は非常に危険です。
そうした副作用がひどい場合は直ぐに病院で治療を受けましょう。
酷い場合には生命の危険があるからです。