シルデナフィルの副作用を知ろう

シルデナフィルの副作用を知ることで、身体の体調などが分かります。今回は副作用について学びましょう。

シルデナフィルを含む錠剤のイメージ

日本人が海外薬を服用する際は少量から

日本においては、輸入規制や成分そのものが禁止薬物に指定されていない海外の薬については、これを自己責任による個人輸入という形式で入手して使用する事が可能です。
但しそれ故に、使用に際しては少々注意して置きたい事があります。

まず基本として、海外の薬を服用する際は少量から試す事が求められると言えます。
その理由ですが、海外の薬は飽くまでも現地の人の体格や用法に合わせてある事から、日本人の場合に効き方が異なってくるケースがあります。
これは日本において実績を有する有効成分が配合された薬剤であっても、添加物等の違いや有効成分そのものの配合量の違いから起こり得る事です。
従っていきなり通常量を服用した場合、作用が強すぎたり思わぬ方向での作用が出る可能性があるのです。

また前述のように自己責任が求められるものなので、服用によって何らかの不都合が生じた場合には自らがその責を負わなければなりません。
重篤な副作用・長期化する問題であってもこれは適応されます。

従って予め量を軽減して作用を弱め、その経過を自らが知る必要がある訳です。
そうした上で通常量の服用へ移行するか、或いは作用が予想以上に強いので少量での服用を続けるか、または服用そのものを中止するかといった判断を自らが下す必要がある訳です。